10

10

10

10

10

10

10

×

10

10

10

10

10

10

×




※「花月」という名前でお届けします※
※確認メールが迷惑メールフォルダに入る場合があります※
※1分以上たっても確認メールが来ない場合は、迷惑メールフォルダを確認して下さい※


【恐怖の結末】遭難から救助された人が発した謎の言葉の真相…


【恐怖の結末】遭難から救助された人が発した謎の言葉の真相…

★★★★

ある冬山で遭難したグループが2週間ぶりに保護された。
大学生サークルの5人で登山し、天候の悪化により遭難。
地元レスキュー隊によって4人が保護された。

残りの1人について警察が事情聴取をしたところ

「途中からいなくなった。」

と三人は一貫し。

もう1人は雪山の恐怖からか精神が不安定で

「ベタベタベタベタ…」

と、訳の分からない言葉を連呼する。

皆さんは、この話の意味がわかりますか?
一見普通の投稿文のように見えますが、本当の意味がわかったとき、全身がガクガク震えてしまいます。

覚悟ができた方は次のページをご覧ください。

 

続きを見たい方はこちら↓↓

☆☆☆☆









↓↓続きはこちら↓↓


↓ ↓ ↓

 メールを購読する
 記事をシェアする

続きはこちら
↓ ↓ ↓